先日、当事者向けSEPに参加された女性(Yさん)からのプログラムのご感想をいただきました。

育ちの傷から長年、対人関係や職場での対人関係に苦しんでこられた、Yさん。

藤木の著書からSEPに強く関心を持たれ、プログラムを受講いただきました。

以下、いただいたご感想をご紹介させていただきます。

ソーシャルスキルはなぜ必要なのか?

頭ではわかっていたつもりでも、まったくわかっていませんでした。

自分を守るため、自分が損をしないように、なのに、反対の事ばかりしていたような気がします。

表出、獲得過程に原因があって、私のせいではなかったのですね。

心が軽くなった気がします。これからどんな自分に変化するか楽しみです。

最初は少しドキドキもしましたが、今はここに来て学ぶことができて良かったと思います。

何故生きづらく、人と関わることが苦手だったのか順を追って理論的に説明して頂いて、

ストンと心に落とすことができました。

定着作業をする事によって日ごとに心が軽くなるのがわかりました。

ずっと継続していきたいと思います。

しんどい思いをしてきたのは「自分のせいではなかった」。

これこそが何よりも一番気づいてほしいことです。

Yさん、ご参加いただき、ありがとうございました。