普通、女性はお買い物好きとされている
でも、アタシはどちらかというと好きではないです
疲れるんですね、きっと
何が疲れるって、たぶん販売員さんの存在
めちゃ気ぃ使ってしまって
近づいてきたら逃げるか固まって、言いなりになってしまう
なんで普通に話せないのかと思うんだけど、わからない

でも、生活してると買わないといけないものは出てくる
全身が映る鏡がほしい、と娘にずっと言われていた
しかたなく西区の家具屋に出かけたら、ひと目で気に入った商品があった
楡の無垢材を使ったフレームで、2メートルほどの高さ
風格があって、これ置いたらうちのマンションが邸宅に見えるかも
でも、5万円 鏡に5万円は払えんなあ…

そんな時、ポートアイランドにIKEAができたと聞いたので行って来た
ここはスウェーデン家具で昔から有名
到着して驚いた
広大な敷地に建つ、まるで巨大な工場だ
なんと、入場制限が! 列に並んで待つ(人気あるなあ)

そこで見つけたのはなんと、あの鏡にウリ2つの姿見
値段は1万8千円! 買いだ~安い! ここまで来た甲斐が

ところが、鏡は宅配便が受付ないのでお持ち帰りしかないという
2メートルだぜ レンタカーで軽トラック借りるのか
しかたない
うちの普通乗用車の屋根にガムテで貼り付けるという荒業を使う
通りすがりの人がみんな見るけど、ほっといて
今、その鏡は玄関にどーんと置いてあり、
登校前の娘と息子が入れ替わり服装チェックしている

IKEAの販売システムは必見ではないかな
ショールームを歩いて、気に入った商品番号をチェックし、
あとは倉庫からそれを自分で運んでお会計に持ち込む
店員は作業に追われ、あちらから声をかけてくることはない
何より、ヨーロッパのデザイン性にすぐれた豊富な商品が
移送コストと人件費を極力抑えて非常にリーズナブル
だって普通の家具屋で5万円→1,8万円だよ トクしたよ~

そして、子連れでも気兼ねがいらない雰囲気がいっぱい
カフェのソフトクリームが50円 ホットドッグは150円
シェフのいる格安で美味しいレストランもお客さんでいっぱい
これなら一家全員で一日じゅう楽しめる
売り上げ不振に悩む経営者は一度足を運んでみるといい
(閑古鳥鳴いてる西区の家具屋さんは必見)
客が何を求めているか
このご時勢に入場制限するほどの店にはやはりそれなりの理由がある