*:.。.:*:・’☆。.:*:…:*★:・’゜:*:・’゜*;・’゜☆゜’:*:.。。.:*:…:*’゜★゜’・:*:.。.:*:・’☆。.:*:.:.。。

―★☆。*:.: SEPメールニュース 第13号  2019/6/24――★―☆。.:*:・゜

この度、SEP研究所単独のHPを新たに開設しました。これまでWANA関西のHPの中に併設する形でSEP研究所のページがあり、お手数おかけしていました。研修やプログラムの申し込みもしやすくなっております。是非ご覧ください(まだ未完成のページもありますが、随時更新していきます)。

       あなたのこれまでの苦労は、あなたのせいではありません
       本当の自分をとりもどして、自分が望む人生を歩みましょう

  発行:SEP研究所  HP https://seplabo.com/supporter/  BLOG http://blog.wana.jp

※本メールは、ご登録いただいた方、お問い合わせいただいた方、自立訓練Maluhiaの関係機関の方へ送付しています

◆CONTENTS

【Ⅰ】 今月の認知修正の言葉

【Ⅱ】 トピックス1 テレビ放映予定のお知らせ

【Ⅲ】 トピックス2 奈良県女性センター 講演報告

【Ⅳ】 研修・当事者プログラム 開催予定&参加者募集中

【Ⅴ】 SEP関連実施報告

――――――――――――――――――――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜

 【Ⅰ】 今月の認知修正の言葉

――――――――――――――――――――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜

SEPフォローアップ終了後は皆さんそれぞれで定着作業に励んでおられると思います。

ここでは毎回、実際の認知修正の事例を取り上げます。

<Oさん(40代女性)> 

田舎町で育ったOさんには幼少期の記憶があまり多くありません。Oさんの父親は頻繁に暴力をふるうわけではありませんでしたが、不機嫌になるといつも表情や態度で周りにいる家族を不安にさせました。そのため、素直で真面目なOさんはいつも大人の機嫌を取りながら大人になりました。その結果、気がつくといつも自分を支配する男性との間でたくさんのトラブルに遭いつづけたといいます。精神的にも不安定になり、経済的にも苦しめられ、数年間、精神薬を飲み続けていました。しかし、いっこうに回復せず、薬の副作用で社会復帰もままならなくなったことで、SEPへの参加を決心しました。ここで、これまで目を背けてきた自分に向き合い、健康的な生活を取り戻したいと思っています。

★自動思考(認知の歪み)

「私が我慢しないといけない」

「嫌われてはいけない」

「相手が優先」

「いい子でいないと大切にしてもらえない」

★認知の修正

「機嫌の悪い人はほっとこう」

「私が折れなくていい」

「自分の都合で良い」

「頑張らなくていい」

「いい子やめた」

<研究所から>

OさんはSEPの心理学習を学ぶ中で、不機嫌な父の態度にいつも支配されていたのだということ、そしてそれは精神的な暴力だったのだということに気づき、ひどくショックを受けました。それは彼女にとって今まで気づかずにいることで何とか耐えられていた「パンドラの箱」だったのです。しかし、認知修正を続けるうちに、以前はうつろだった表情がどんどんとエネルギーに満ちたものになりました。

Oさんは、プログラム後の感想で以下のように話しています。

「子どものような素直な気持ちが出てくるようになり、自分の気が進まないことを断れるようになった。『今までずっと身につけていたよろいにヒビが入った』ような感覚で、感情が溢れてよく泣くようになった。子どもの時感じていた気持ちに初めて気づき、母に電話ができた。気がつくといつも修正の言葉が頭に浮かんでいます」

これまでいつも他者を優先し、自分の感情を抑圧してきたOさんにとって、SEPへの参加は「誰に遠慮する必要もない。自分自身を一番優先していい」という非常に大きな方向転換になりました。また、以前の彼女は不安が強く薬を手放せませんでしたが、SEPを機に減薬することができ、「前はあんなに薬に頼ってたのに、今では飲むのがめんどくさい」と明るく笑う表情が印象的でした。

もちろん、これまでと違い、湧いてくる感情を今度は薬でごまかすのではなく、自分の思考や意志によってコントロールするわけですから、しばらくはその取り扱いに苦しむこともあるでしょう。しかし、自分を外の世界から守ることができるようになった今、もう彼女に「よろい」は必要ありません。自由に人生の四季を味わってほしいと願います。

募集中 日々の修正、定着作業への思いをお待ちしています。(メールニュース掲載の可否もお忘れなく♪)。

*認知修正にいきづまって悩んでいませんか?

当事者SEPを受講された方を対象にフォロー・カウンセリングを実施しております。

Eメールで表題(件名)に「フォロー・カウンセリング希望」と書き、「お名前」と「お電話番号」「受講年」を記入の上sep@wana.gr.jpまでお気軽にお問い合わせください。

――――――――――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜

 【Ⅱ】 トピックス1 テレビ放映予定のお知らせ

――――――――――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜

6月26日、関西テレビ報道番組「報道ランナー」(関西テレビ 16:45~19:00)において、「DVから生まれる児童虐待、当事者たちの思いとは…」という切り口で虐待問題がクローズアップされる予定です。

SEPで回復された女性のコメントや、番組内で代表藤木のコメントが紹介される予定です。ご関心のある方は是非ご覧ください。

https://www.ktv.jp/runner/

※番組の内容は予告無く変更になる可能性があります

――――――――――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜

【Ⅲ】 トピックス2 奈良県女性センター 講演報告

――――――――――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜

6月1、15日の2日間、公共団体である奈良県女性センターにて、「ワタシのあしたは変えられる!~自尊感情回復トレーニング入門~」と題してSEP初の公開講座を開催しました。申込は、定員20名のところ、なんと70名超。募集終了後も参加希望の問い合わせが相次ぎ、残念ながら受講できなかった方も多くいたようです。

計4時間を2回に分けて開催した今回の講座では、実際のSEPで前半に行う心理学習の内容を中心に、自動思考のセルフチェックや、SEPの理論の理解を図りました。9割以上の参加者が「満足」と答えた内容に対しての感想を一部ご紹介します。

—————————————————————-

●思考、気持ち、体のつながりがとても分かりやすく、参考になりました!!なぜ、言語が変容に有効なのか分かりかけた気がします。

●自分の自動思考、育ちの傷のチェックは、向き合う時間として少しつらい気持ちになりました。ですが、自分のクセや原因を知り、どう対処していくか勉強していきたいです

●出産し、自分の自信のなさがずっと気になっていたので受講しました。脳の傷の話でとても恐怖を感じました。育ちの傷に、CBTが効果的であるということが学べて良かったです。

—————————————————————-

【藤木のメッセージ】

通常、心理カウンセリングや心理療法は1対1で行いますが、今回は1対70。「自尊感情」をタイトルに盛り込んだ講座でしたが、会場は精神的に課題をかかえた方で満員に。始まるまではどうなることかと思いましたが、なんとかなりました(笑)。精神的な悩みは服薬では解決しないので、皆さんが心の回復についての基本的な知識を得ることができてよかったです。こういう講座を全国でやらないといけないなと思いました。そうすると全国にネットワークを持つどこかの団体とタッグマッチを組むとか考えないといけませんね。頑張ります(藤木)

【研究所より】

今回のような大人数に対しての講座形式という形では、通常のSEPのように個別の課題を取り上げたり、メンバー同士の相互作用を起こすことはできませんが、少なくともこんなに多くの方に「育ちの傷は回復が可能である」ということ、そして「SEPという回復の手段がある」というメッセージを発信できたことは大変意義深かったと思います。自分は変われるのかもしれないという気づきだけで、生きる勇気が湧いてくる方もいます。生きづらさを抱える多く方々に向けての啓発活動も引き続き積極的に行っていきたいと思います。

――――――――――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜

【Ⅳ】 研修・当事者プログラム 開催予定&参加者募集中

――――――――――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜

【当事者向け / SEPで自分自身の「育ちの傷」を癒したい方 】

あなたは悪くない。自己理解を深め、認知行動的アプローチでラクに生きる方法を学びましょう!

2019年<秋期>第15回 当事者SEP 参加者募集中! 

<開催日時> (全日土曜日開催)

1.プログラム ①10月5日  ②10月19日  ③11月2日  ④11月16日  ⑤11月30日 

2.フォローアップ 2020年3月28日 

※参加を検討される方は事前にアセスメント面談(約70分、税込7,020円)を別途受けていただく必要があります(この際に1回めの心理テストと個別面談を行います)

<参加費>  税込 45,360 円 

合宿+オンラインによる「SEP特別集中コース」 参加者募集中! 

本コースは、通常のSEPが①面談、②5回のプログラム参加、③フォローアップの計7回の来所で構成されるのに対し、連続2日間でSEPの理論と認知修正のみを学習し、定着作業をメールなどの遠隔サポートでマスターしていただく特別集中のプログラムです。通常のSEPの方がよりゆったりとしたペースで学習することができ、より高い効果が得られますが、ご遠方で複数回通うことが難しく受講を諦めておられた方は是非、ご参加ください。

<開催日時>  対象期間: 2019年9月21日~2020年1月31日  *申込〆切 8月30日

(うち、合宿:2019年9月21日(土)13:00~18:00  22日(日)10:00~16:00)

<参加費>  税込68,040円   

面談・心理テスト・テキストなど全費用を含む(交通費・宿泊費用は自己負担でお願いします) 

<特別集中コースの流れ>

  1. お申込み手続き+入金
  2. フェイスシートと心理テストの記入(郵送)
  3. オンラインによる個別面談
  4. オリエンテーション
  5. 2日間の合宿+心理テスト
  6. オンラインによる定着作業(約4回)+心理テスト
  7. 結果のフィードバック(郵送)

(個別面談の結果によってはグループに適さないという理由で参加をお断りする場合があります。ご了承ください。その場合、お預かりした料金から振込手数料を差し引いてご返金したしますので、ご了承くださいませ)

<申込方法>  

Eメールで表題(件名)に希望されるプログラム名を記載の上、「お名前」と「お電話番号」を添えてsep@wana.gr.jpまで。

【支援者向け / SEPを使った対人支援を学びたい方 】

第5回 <中級> SEP実践者養成研修 参加者募集中!(開催日が迫ってきました!)

<開催日時>  2019年7月13日(土)13:00~17:30  14日(日)10:00~16:00(予定)

<受講料>   税込 36,000円(2日間)  

習ったことの復習のための再受講や、グループ練習を目的とした2日目のみの再受講も可能です。(単日参加の場合は参加費税込18,000円)。是非お気軽にお問合せください。

 第16回 <初級> SEP実践者養成研修 参加者募集中!

社会的弱者の理解と支援。現場で明日から役立つ心理支援を学んでみませんか?

<開催日時>  2019年10月12日(土)13:00~17:30  13日(日)10:00~17:00(予定)

<受講料>   税込 36,000円(2日間)  

<申込方法> Eメールで表題(件名)に希望される研修名を記載の上、「お名前」と「お電話番号」を添えてlabo@wana.gr.jpまで。

――――――――――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜

 【Ⅴ】 SEP関連実施報告

――――――――――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜

<SEP>

◆2019年6月8日、WANA関西第13回<2019春>当事者SEP終了。

◆2019年6月12日、大阪市こども相談センター第8期SEP終了。

◆2019年6月19日、大阪市こども相談センター第7期SEPフォローアップ開催。

◆2019年6月25日、母子生活支援施設南さくら園第8期SEP開始。

<その他>

◆2019年6月1・15日、奈良県女性センター「女性活躍支援講座1」にて講演。

 ※プログラム・研修の詳細は、HP https://seplabo.com/supporter/ または、ブログ http://blog.wana.jp/  をご覧ください。

 ※ ご不明な点、質問などは何なりとSEP研究所までお寄せください

 ※メールニュースがご不要な場合は、こちらまでご連絡ください(担当:坂本)。

―――――――――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜ 

<好評発売中!>               ☆。.:*:・゜

「親に壊された心の治し方-「育ちの傷」を癒やす方法がわかる本」

藤木美奈子著/講談社        ☆。.:*:・゜――★― ☆。.:*:・゜――★―

…気になるあの人、幸せになってもらいたいお友だちへ、そっとプレゼントしてみては?

:.。.:*:・’☆。.:*:…:*★:・’゜:*:・’゜*;・’゜☆゜’:*:.。。.:*:…:*’゜★゜’・:*:.。.:*:・’☆。.:*:.:.。。

カテゴリー: