元旦の今日は、母子家庭ばかりで初風呂に行く「母子初風呂会」の日。5、6年になりますか。
きっかけは私がプログラムをやっている母子生活支援施設から自立した家族は、
お正月に帰るところがないケースがあったから、じゃ、みんなでお風呂にという話に。
子どもが発達障がい気味だったり、気持ちに余裕のないお母さんの参加がメイン。
一緒に初詣したり、お風呂に入ったり、夕食をとりながらのカウンセリング。
こうして母子ともにいっしょに飲み食いしてると、関わりの中でいろいろ見えてくるものがある。
だから私はちょっと難しいケースの場合、一泊二日で旅行に一緒に行くこともある(もち自腹:笑)。
いつも、子どもよりお母さんの考え方に問題があるケースがほとんど。
お母さんもわかっちゃいるけど、自分ではどうしたらいいか、なかなかわからないよね。
本日の参加は9名。まあ、いろいろありましたけど(子どもが騒ぐとにらむオバサンとか)、
年に一度、会うたびに母子の成長を見守れる貴重な行事です。
子どもたちが、われ先に私と手をつなごうとしてくれるのも実はちょっとウレシイ♪
高校生の息子にはもう望めませんからね。