藤木です。
早いもので2月になりました。毎日冷えますな。
刑務所はさぞや寒いだろうと、虐待で収監中の母Mさんに、
昨日また手紙を書きました。
事務所の移転も済み、荷物の片付けも山を越えた感じです。
毎日いろんなものを購入しないといけないので、主婦感覚がマヒしてきた(笑)。
龍谷大学や関西大学の教え子が時々手伝いに来てくれて、助かります。
その際、ひとつふたつ相談ごとをして帰る彼ら。いい距離感です。
ところで、4月から始まる当事者SEPの申し込み、ボツボツ来てますよ。
枠が5名しかないので、この春にとお考えの方はお急ぎくださいね。
SEPは年4回。うち冬と夏の2回は母子施設、春と秋の2回が一般向けです。
そうそう、2月21日(土)、飛騨・高山の高山市に講演に行きます。
ここは昨年、WANA関西のメンバーと旅行に行ったばかり。
また温泉が楽しみであります(笑)。
 
●開場13:00 講演は13:30~15:30、高山市民文化会館 小ホール
「傷つけ合う家族~DV・子どもへの虐待を乗り越えて~」
ご都合よろしければ、入場無料ですのでお運びくださいね。

(主催:高山市市民活動推進課 TEL055-35-3412)

 

これまでにSEPに参加したことのあるメンバーは、直接事務局にご連絡を。
当事者・支援者に関わらず、20日の夜、食事をご一緒しましょう。