大阪市西淀川区の市立佃西小4年、松本聖香(せいか)ちゃん、つらかったね
大好きだったお母さんも助けてくれなかったね
なんでこんなことになったのか、
今も信じられない気持ちだろうけれど
お母さんは、親でいることよりも、新しいお父さんのほうが大事になっちゃったんだね
だから、聖香ちゃんはなんにも悪くない
大人の人も、いろんなことがあると、時々間違ってしまうんだ
目の前にいる子どもなんてどうでもよくなってしまうくらい、
わけがわからなくなってしまう
自分を守ることしか考えられなくなってしまう
私も小学校の時から新しいお父さんに苦しめられてきたから、
聖香ちゃんの気持ちはとってもよくわかるよ
どんなに貧乏でもいいから、
あんなお父さんはいらなかった
一回だけ「別れて」と頼んだけど、
お母さんはいろいろ言い訳して別れてくれなかった
だから、ずっとずっと我慢した
辛抱ばかりで、性格がヘンになった
だから今でも、生きていくのがつらい
この世に試練や苦労はたくさんあるけれど、
子ども時代に親から虐待を受けて育つことほど、
救いようのない過酷な仕打ちはないと思っている
苦しみは一生涯つづく
こんな気持ちをわかってくれる人は少ない
虐待を生きのびた人たちでそっと共有している
大人の前で子どもは無力だ
なんにも言えないし、なんにもできない
殴られたって、投げ飛ばされたって、外に閉め出されたって、
さからうことはできない、扉が開くのを待つしかない
家の中で大人が笑っている、テレビの音が聴こえる
お腹がすいた、寒い、冷たい、暗い、怖い
学校も、まわりの大人も、結果的になんにもしてあげられなかったね
勇気がなかったし
知恵もなかった
無力な大人たちを代表して、あなたに謝ります
ごめんなさい、本当にごめんなさい
大人はバカです
大人の愚かさをひとり背負って、天国に行った聖香ちゃん
今度こそ幸せを知るために、できたら、もう一度、
産まれてきてくれないでしょうか
お願いします
お願いします