10/11日と、参加者・関係者のみなさま、 2日間、本当にお疲れ様でした
とりわけ、今年は関西大学臨床心理専門職大学院から5名のボランティアに
助っ人に来ていただき、準備に始まり、本当に頼もしかったです
参加は沖縄、東京と全国から大阪へ駆けつけてくださり、感謝感謝です
昨年に引き続き、2度めの参加者もおられ、久々の対面にまた感動
 
「終わったんだなあ」とジワジワと実感がわき始めています
ここしばらく、ずっとこの研修が頭を占めておりましたので、
やっと少し気を抜くことができそうです
 
とはいうものの、翌日も大学の実習巡回で、
兵庫県の山奥の重症心身障害児施設を訪ねました
SEPが終われば15日から大学の授業も後期に突入
夏休みはどこへ?という感じです
  
しかし、対人援助職40人が集う研修は盛り上がりましたね
日頃のしんどさを分け合い、励ましあい、
「なにより自分の癒しになった」と笑顔で帰られました
専門家でない方でも、日頃の心眼で真価を見分ける眼は鋭いはず
参加者の評価はそのままSEPの行方につながるでしょう
学んだ対人援助技術をどうか現場で活かしてほしいと願っています
  
年1回、2度目の研修を無事終えることができた幸せを噛みしめつつ、
残り少ない夏を味わうとしましょうか
来年はさらにパワーアップした研修をやりますぞ!