お待たせしました! 今年もやります。
お申込み、お問い合わせはワナ関西 wana.kansai@gmail.com までお気軽に。 


~DV・虐待を受けたシングルマザーのエンパワメントと就労支援~


初級 第3回 SEP実践者養成研修

SEPとは、
self-esteem program
single mother empowerment program
⇒SST(社会的スキル訓練)の手法を用いた、
自尊感情回復プログラムです。


●日 程   
平成24年9月15日(土) 13:00
~9月16日(日) 16:00 (予定)



●会 場
   
セミナーハウス <クロス・ウェーブ梅田>
大阪市北区神山町1-12(JR大阪駅より徒歩10分)


 


●参加費用  計 40,000円(おひとり・税込) 
・ 研修参加費用(2日間)     25,000
・ 宿泊費(朝・昼2食つき)     10,000
・ 懇親会費(夕食・飲料代込み)   5,000


   
*先着順です。申し込み順に受け付けし、40名に達し次第、締め切ります。
*研修のみの参加も可。ただし、両日とも参加できる方が対象です。
●対象  
母子施設、対人援助の実務者など福祉・心理を問わず就労自立支援に関わる方


●研修内容(予定)
1.本研修の目的と経緯
2.DV・虐待被害者の現状
3.利用者への関わりにおける課題
4.処遇困難者の理解と傾向 ~生育家庭との関係~
5.当事者支援における原則と注意点
6.回復とは何か
7.エンパワメントと社会的スキル
8.認知行動療法の理論とSST そして SEP
9.シングルマザーの就労支援における課題(講師中澤良子)
10
.SSTの実際(ワーク)



●講師
・藤木 美奈子(ふじき・みなこ)
博士(創造都市)/龍谷大学短期大学部社会福祉学科准教授
関西大学心理学研究科『地域・子育て支援研究』講師


・中澤 良子(なかざわ・りょうこ)
キャリアコンサルタント。
就労移行支援事業所<コスモス>ケアサービス主任
いまや母子生活支援施設利用者の5割超を占めるDV・虐待などの暴力被害者。その多くが深い傷つきとさまざまな課題をかかえており、いわゆる処遇困難と呼べるケースも少なくありません。そうした利用者の皆さんをどう支援し就労につないでいくかは、施設のみならず社会の大きな課題となっています。
 


SEPは、DVや虐待経験を持つシングルマザーの自尊感情回復プログラムであり、彼女たちのエンパワメントを目的として開発されました。SST(社会的スキル訓練)の手法を用いて行われる認知行動療法であり、当事者同士がグループで語り合うことで、さまざまな気づきをもたらし、支援のきっかけをつくることができます。
このメソッドはグループ、個人を問わず活用できる他、女性のみならず、生育環境の厳しさから認知に課題をかかえた対象者に関わる際に有効な技法です。


講師の藤木美奈子氏は、現在、母子施設、更生施設、障害者施設でSST指導をしながら、暴力被害者の治療・支援にあたる実践研究者です。本研修では利用者をどう理解するか、回復とは、支援とは、当事者の立場に立った講義と、実際のSEPをどう進めるのかを、1泊2日の研修で学んでいただきます。いずれはとお考えの関係者もぜひこの機会に。