11月23日、大府市のNPOミューぷらんおおぶ様の主催で、代表藤木が講演をさせていただきました。

当日、会場は100名定員の会場が超満員。参加者は、DV被害の当事者の方や家族の方、支援者の方等さまざまで、これまでで一番多くの参加者が来られたそうで、次から次へと追加のパイプ椅子が並べられました。

講演の後には藤木の著書のサイン会も行い、あたたかい雰囲気の講演会となりました。

参加者された方の感想の一部をご紹介します。

●「自尊感情を回復させることは可能」とのお話に感銘しました。

●私も子どもが小さい頃は言うことを聞かなかったり、思うようにならない時はカッとなって手をあげてしまったり、暴言を吐いてしまったことがあり反省です。今思い返せば、自分も育児や家事で余裕がなく、イライラしていたのだと思います。子どもたちに育ちの傷ができていないかちょっと心配になりました。

●”人生の価値は『学びの量』にある。険しい山を選んだ人生に胸を張れ”という言葉に励まされました。

●私の母もDVを受けていたと思っています。(中略)私も今、正直子育てに苦しんでいます。親のせいだと言いたくないですが、親のせいであると思わずにいられません。なるべく感情を抑える方法を知りたいです。

●「DV」という言葉は知っていたけれど、具体的に勉強できて良かった。治すことができるんだと知ることができた。

参加してくださった皆さんが、それぞれの立場で感じて下さった思いが伝わって参りました。

お越しくださった皆さん、ありがとうございます。

もし、皆さんの身の周りで苦しんでいる方がおられたら、「どんな人生も素晴らしい」「自尊感情は考え方の修正で回復できる」是非このメッセージをお伝えいただければ幸いです。

———————————————————————–

SEP研究所では、DV、虐待、障害、母子支援、矯正、社会的弱者の支援、自尊感情の回復に関する講演、研修を行っています。ご相談、お問い合わせはlabo@sep.gr.jpまでお気軽にどうぞ。