8/31、徳島県に講演に行きました

いつも思うのですが、四国や九州の講演では、参加者の熱い気持ちが伝わってきます

今回も、講演後の質問のところで、学校をもっとよくしたい、どうすれば?という問いが。そこで、

 

国立大学の学生たちは勉強はできるが、多様性に接した経験があまりにも少ない、

しんどい立場にいるこどもたちや親への想像力も理解も低い、これでは現場で闘えない

—-私はふだん教育大学で教えていて感じることを語りました

 

すると、ベテラン教員とおぼしき女性が、

「文科省にその声を届けていただきたいんです」

と、おっしゃる。そこで私はこう答えました。

「一緒にやりましょう。民主主義に観客席はありませんから」

私は市井の人間に過ぎませんが、これからも奮闘します。どうぞあなたも