当事者向けSEPについて補足しておきます。このSEPはグループで行い、2週間に一度程度、計6回(うち一回は面談)、ワナ関西(大阪市北区)まで通って来ていただくことになります。これは、グループによる効果が期待されるためと、2週間ほど間隔を空けることが望ましいためです。
しかし、これまでの経験から、①かなり遠方よりお越しいただくかた ②グループに向かないかた については、個人SEPをお勧めすることがあります(スケジュール的に難しい場合はお待ちいただきます)。その場合、グループSEPよりも費用が割高になりますが、個人の状態にあわせた回数設定が可能になる、ある程度日程の調整が可能になる、などのメリットがあります。
いずれにしても、SEPは短期による認知修正法を中心としたプログラムですので、心理カウンセリングのように長期間にわたる通所が必要となることはありません。メリットとデメリットに応じてご検討ください(詳しくはお問い合わせください)。