年が明け、
さて今年も新しいカレンダーを、と東急ハンズへ
あれこれ考えて、やっと購入
事務所で袋から取り出したら、2011年のものだった
さっそくレシートで番号を確かめ、電話
担当者はなぜか詰問調
「レシートナンバーを」
「13桁の番号があるはず」
交換するというので(当たり前だ)、再び店に向う
出てきた担当者は、
「同じデザインで、今年のがありました」
交換して終わり
所用時間5秒
ひとつのカレンダーを持ってそこまで行った手間と時間が惜しく、
そのまま引き返す気にならず、しばらく店内をうろつく
新年カレンダーコーナーだから、
当然、今年のものと思い確認しなかった自分がいけないのか
仕事的にいえば、
なんで昨年の商品が混じったのか
管理はどうなっていたのか、説明が聞きたい
コートが古くなった
新しいものを新調しようと思い、
好きなブランド「SPECCHIO」の通販で購入
届いた商品には、ボタンホールを明らかに付け間違えた跡
新品なのに無数の穴が空いている
またまた重い気持でメール
「送り返してください」という事務的な返事
その手間とわずらわしさに気持ちが重くなる
何万円もする商品なのに、
検品もせずに出荷するの?
説明してよ
外食しても、対応のよくない店員がけっこういて、
むしろストレスがたまるので、家で食べる
道を歩いても、電車に乗っても
みんながギスギスしてるように感じるのは私だけ?
混みあう場所で、ちょっと腕がふれただけでにらみつけたり
捨てセリフを吐く女性をこの頃よく見かけるな、思っていたら、
新聞に「独身女性の貧困が加速」との記事
経済の低迷で、
社会的スキルもEQも落ちっぱなしで、
しっかり働こうという人が減って、
どんどん住みにくい国になっていく
日本はどこへ行こうとしてるのだろう
そんなことを考えつつ、今日も仕事場へと歩く
コスモスの階段を上がると、
「おはようございまーす!」
利用者さんたちの底抜けに明るい笑顔が出迎えてくれる
知的に障害のある人たちに今日も癒される私
ありがとね がんばるよ