SEPは家族暴力の被害者の視点でつくられた、国内唯一の回復プログラムです
これまでの苦しみは本人のせいではないことを科学的に理解してください
■SEPは、DVや児童虐待経験者など、深い心の傷を持つ人々への支援を目的としており、ソーシャルスキルを中心とした「心理学習」と、認知の偏りを修正する作業を日常の生活で実践する方法を学びます。とくに自尊感情と意欲の回復に高い有効性と維持を示す研究結果を得ており、「DVの繰り返し」や「虐待の連鎖」の食い止めに役立ちます。現在、母子生活支援施設や障害福祉の現場でも活用されており、児童相談所やこども女性障害者支援センターなど行政職員研修にも選ばれています。これまでたくさんの当事者や支援者から、「もっと早く出会いたかった」との声をいただきました。さあ、あなたも。
■■■支援者向け初級研修■■■
計12時間 30000円(税別)    
*消費税(8%)が必要です。
  場所         開催年    日程
新宮市     2009    1205-1206
新宮市     2009    0807-0808
大阪市     2010    0904-0925
大阪市     2011    0910-0911
大阪市     2012    0915-0916
大阪市     2013    0914-0915
北九州市  2014    0309-0309
大阪市     2014    1122-1123
和歌山県  2015    0306-0307
長崎県     2015    0509-0510
大阪市     2015    1121-1122 *参加者受付中→締め切りました

■■■一般当事者向けSEP■■■
計11時間 35000円 (税別)*心理テスト3回込み。消費税(8%)が必要です。
  場所         開催年    日程

枚方市     2012    1001-1203

大阪市     2014    1101-1220

大阪市     2015    0404-0530

大阪市     2015    0711-0912
大阪市    2016  0213-0409  *参加者受付中
■■■大阪市こども相談センターSEP■■■

年2回。大阪市こども相談センター(森ノ宮駅)。
参加はケースワーカーとの面談等手続きが必要です

■■■母子生活支援施設SEP■■■
大阪市内2ケ所の福祉施設で開催。ご参加はご利用者のみとなります。
SEPには男性が参加することもあります。生育家庭での傷つきに性別は関係ないからです。男性の参加者が予定される場合はここでお知らせします。ただし、他害傾向がある方、真剣にプログラムに取り組めない方の参加は男女の別なくお断りします。

*この他、SEPをスタートさせたい方が実施のノウハウを学ぶ「スタートアップ研修」があります
 (スタートに必要なツール込み。対象は初級の受講修了者のみ)
<お問い合わせはお気軽に>
当事者向け sep@wana.gr.jp
支援者向け info@wana.gr.jp 
どちらか迷っている方はどちらでも返答いたします。
携帯電話からの方はPCメールを受け取れるように設定変更をお忘れなく!