皆さん、こんにちは。藤木美奈子です
私は児童虐待やDVなど、家族から暴力を受けて生きてきました。そこからの回復経験をもとに、心理支援をはじめて四半世紀になります。

私の転機は20歳の時働いた女子刑務所。そして大学院生の時、野宿男性を対象に実施した6年間のグループ・プログラムでした。誰もが過酷な生い立ちをかかえていたのです。

その後は、母子生活支援施設で、困難な状況にいる母親たちにプログラムを実施してきました。これらの経験すべてが、現在のSEPという自尊感情を高める心理プログラムの基盤となっています。

その過程で得た真理はまさにこの言葉です。 「あなたの苦労は、あなたのせいではありません(=あなたは悪くない)」。 つまり、苦しみには必ず理由があるのです。その原因を探り、必要な知識と適切なステップを踏めば、どんな人も回復の軌道に乗ることができます。

その具体的な手ほどきは私がさせていただけます。 ただし、申し訳ありませんが「まだ回復したくない」、どこかでそうお思いのかたはお断りします。きっと「抵抗」の連続で、お互いに時間と労力の無駄に終わるでしょうから。 この仕事は、大儲けすることなどできませんし、私が元気で働ける時間はもうそれほど多くありません。
ですから、長い間、誰からも理解されずに深く傷ついた方、「こんな自分で生きるのはもうイヤだ。ラクになれるなら何でもやる」、そんな「コリゴリさん」からのご連絡をお待ちしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

             藤木 美奈子

〈プロフィール〉
・博士(創造都市/大阪市立大学)
・龍谷大学で准教授、関西大学臨床心理専門職大学院で10年教鞭ののち、現在は大阪で「SEP研究所」を開設。一般向けに自尊感情を最も短期間で高めるプログラムを東京・大阪で展開する。
・また、各地の児童相談所、母子生活支援施設などでSEPおよび職員・支援者向け研修を実施。子育てに悩む母親たち自身の傷つきの回復と、その支援技術の指導に奔走する。